<   2007年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Yahoo!旅行口コミサイトフォートラベル株式取得ネットワークへ
Yahoo!の動きとして最近の注目は何と言ってもネットワーク化
Yahoo!での広告出稿が参画媒体(ネットワーク)へも露出されてゆく

そんな中、本日発表のあった媒体が旅行口コミサイトのフォートラベル

「旅行のクチコミサイト フォートラベル」を運営するフォートラベルと、ヤフーは8月28日、資本・業務提携を行うことで合意した。
 今回の提携で、ヤフーはフォートラベルの発行済み株式の16.5%にあたる3471株を同社の筆頭株主であるカカクコムから6億1089万 6000円で取得し、フォートラベルを持分法適用会社とする。取引後のフォートラベルの株主構成は、カカクコムが73.7%、ヤフーが16.5%、フォートラベル役員・従業員が9.8%となる。
 事業面でヤフーは、「Yahoo!トラベル」においてフォートラベルの旅行に関連したCGMコンテンツを活用したサービスを展開して同サイトのソーシャルメディア化を図り、既存の観光地情報や旅行商品の予約販売と合わせて、総合旅行サイトとしてサービスの向上に努める。
 フォートラベルは、ヤフーのアド・ネットワークに参加し、ヤフーと相互に利用者を誘導しあうことで、両社の広告事業の収益拡大を図る。また、ヤフーが提供するサービスツールの活用で、より質の高いサービスを効率的に開発・提供するとともに、ビジネス展開の迅速化を図るとしている。

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20355317,00.htmより引用

これにより今後ネットワーク商品の発売が待たれます。

ネットワーク化については単にリーチを増やすだけでなく
専門サイトを見ている質の違うユーザーにも訴求できると言う点。
ネットワーク媒体のユーザーをYahoo!へ
Yahoo!のユーザーをネットワーク媒体へ
流入させる事でユーザーの質、量ともに向上させることが出来ると言うメリットがある。

Googleの活動と相反する動きをすることでYahoo!自体メディア価値を維持、
更なる拡大を図っているのでしょう。

今後、Yahoo!の動きからも目が離せません。。

ブログランキング・にほんブログ村へ今回のブログを楽しめた方1クリックお願いします♪
==================
個人日記やプライベート等
【独り言fromS】
広告やコラム・モバイル等の情報
【人のために、そして自分の為に】
==================
[PR]
by sameal | 2007-08-29 01:26 | Advertisement
コカコーラ社 Happiness Factory The Movie
昨年CMで放映されたコカコーラ社のHappiness FactoryのCM

その続編がYouTube上で流れていました。。

このブログではYouTubeをエントリできないので

http://blog.livedoor.jp/sameal/?blog_id=353665

もう1つのブログを使って
紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ今回のブログを楽しめた方1クリックお願いします♪
==================
個人日記やプライベート等
【独り言fromS】
広告やコラム・モバイル等の情報
【人のために、そして自分の為に】
==================
[PR]
by sameal | 2007-08-29 01:12 | Advertisement
検索連動型広告は予算の無駄か
 ブランドデッドキーワードサーチ(ブランド名や企業名に関連する言葉による検索)およびリピート訪問行動を、ナビゲーショナルサーチと定義した。そうしたところ、検索連動型広告のクリックの71.0%は、ナビゲーショナルサーチで消化されていた。検索連動型広告の費用の53.6%は、ナビゲーショナルサーチで消化されていた。新規顧客の獲得に注力するためには、検索連動型広告がナビゲーショナルサーチで消化される割合を縮小しなければならない。イーベイはグーグルへの出稿を10日間停止してみたが、トラフィックへの影響はわずかだったという。ナビゲーショナルサーチのコンバージョン率が高いことがあるが、それはブランドを認知および理解したうえで広告がクリックされているからにすぎない。最終のクリックだけでなく、ブランドを認知および理解させた手前のクリックも評価すべき。また、検索連動型広告に依存せず、純粋な検索結果の最適化に注力すべき。
インターネット広告のひみつより引用

コンバージョンの良いキーワードはそもそもコンバージョンする目的で検索をしたユーザーが多いからである。
検索行為に2つの種類がある以上、購入キーワードは選定する必要がありますね。
ただ、企業としてはコンバージョンのあるワードを減らすのは嫌なはず。
本当の意味で潜在顧客とのアプローチを出来るワードの選定の必要があるのでは?
コンバージョン数が減る事は覚悟をしなくてはいけないけれど、当然本当の意味でコスト削減
を考えるのであれば。
その先を見つめる必要があるのでは?

SEOへの注力も必要かもしれないけれど、ユーザーの目的とする情報が載っている
サイト上への情報提供と言う意味で、
コンテンツターゲットの利用価値が更に高まるのではないでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ今回のブログを楽しめた方1クリックお願いします♪
==================
個人日記やプライベート等
【独り言fromS】
広告やコラム・モバイル等の情報
【人のために、そして自分の為に】
==================
[PR]
by sameal | 2007-08-25 01:50 | Advertisement
Google:ついにモバイルサイトにもコンテンツターゲット
AdWordsブログhttp://adwords-ja.blogspot.com/2007/08/gree.htmlより

e0109028_1273489.jpg
このたび、グリー株式会社が提供する携帯電話向け SNS (ソーシャル ネットワーキング サービス)の GREE モバイルおよび EZ GREE に、Google のコンテンツ向け AdSense が採用されることになりました。これにより、Google モバイル広告の広告主の皆さまは、検索結果ページに加えて、コンテンツ ページにも広告を配信することが可能となります。

PC のインターネットで培われた Google の定評ある検索テクノロジーとコンテンツ ターゲットの技術をモバイルに応用し、モバイル サイトの特定のページにそのコンテンツと関連性の高い広告を自動で配信します。

これは、NTT DoCoMo などの携帯電話向けインターネット サービスで提供されます。モバイル版の GREE は、NTT DoCoMo の iモード公式メニューなどから利用できます。


先日のエントリ
http://sameal.exblog.jp/6243858/
でも書きましたが

無限にそれこそ把握しきれない数あるモバイルサイトにも駅を開く事が
近い将来できるようになる。※Mobile版AdSence提供


まさかこんなに早く開始されるとは思っていなかった。。

現在はAFC(アドセンスフォーコンテンツ)での配信がテキストのみですが
今後ピクチュアでの配信が可能になれば、それこそモバイルサイトを開いているサイトオーナ
にとっても、広告主にとっても収益の最大化が出来るのでは?

ほらね、だって線路が出来れば
後は駅を開いて線路を呼べば良いだけですからね。

ブログランキング・にほんブログ村へ今回のブログを楽しめた方1クリックお願いします♪
==================
個人日記やプライベート等
【独り言fromS】
広告やコラム・モバイル等の情報
【人のために、そして自分の為に】
==================
[PR]
by sameal | 2007-08-25 01:37 | Advertisement
相互リンクに関するルールを変更Google
検索連動型広告SEMとともに企業が力を注いでいるのがSEO
NHKで放送されたGoogleの特集にもありましたが、「Googleの検索結果で1ページ目に入らない企業は存在しないも同じだ!」
衝撃を受けました・・・。

そもそも、検索結果の順位はどういう風につけられているのだろう。
素人の僕には当然分かりませんが、唯一の指標とされているのが
「検索したユーザーにとって有益なサイトから順に表示をされている」と言うもの

その1つにPAGERANK(Google創業者の一人ラリーペイジ氏によって定義された指標)
があります。
詳しくは以下を見ていただきたいと思いますが、簡単には
有益なサイトは他の有益なサイトによって参照される。
その参照の量をランク付けしてゆくといったようなものだと解釈しています。

参照:ラリー・ペイジ
   :ペイジランク

参照つまりリンクについてGoogleがルールを更新したそうです。

下記、ウェブマスター向けヘルプセンターより引用。

 Google 検索結果におけるサイトのランキングは、そのサイトにリンクしている他のサイトの分析によっても影響を受けます。リンクの量、品質、関連性が評価の対象となります。サイトにリンクしている別のサイトから、そのサイトのテーマや、品質および人気度の指標を知ることができます。しかし、リンク交換プログラムに参加している一部のウェブマスターは、リンクの品質、ソース、他のサイトに与える長期的な影響を無視して、相互リンクだけを目的としたパートナー ページを作成しています。 これは Google のウェブマスター向けのガイドラインに対する違反となり、検索結果におけるサイトのランキングに悪影響を与える可能性があります。
リンク プログラムの例
* PageRank の操作を意図したリンク
* ウェブ スパマーや不正なウェブ サイトへのリンク
* リンク交換および相互リンク プログラム (「お互いにリンクしましょう」といったプログラム)
* リンクの売買


過剰なリンクやテキストリンク、共同リンクやリンクの売買などもこれからは
サイト運営者にとって有益な物ではなくなっていくのでしょうか。

 他のサイトから自分のサイトへの関連するリンクを獲得する最善の方法は、インターネットコミュニティですぐに人気を得られるような、関連性の高い独自のコンテンツを作成することです。役立つコンテンツの数が多いほど、だれかが自分のサイトのユーザーにとってそのコンテンツが有用であることに気づき、リンクを作成する可能性は大きくなります。 何かを決定する際は、まず「これはページのユーザーにとって有益だろうか?」と考えてください。


お金を払ってリンクを増やす事に終始する前に、サイトを有益なものにしましょう。
いやホントに。。。

参照:ウェブマスター向けヘルプ センター

ブログランキング・にほんブログ村へ今回のブログを楽しめた方1クリックお願いします♪
==================
個人日記やプライベート等
【独り言fromS】
広告やコラム・モバイル等の情報
【人のために、そして自分の為に】
==================
[PR]
by sameal | 2007-08-20 01:07 | Advertisement
Yahoo!満足度でGoogleを上回る
eビジネス部門の米顧客満足度指数(ACSI)が8月14日、発表された。
 ACSIは、米ミシガン大学が毎年発表しているもの。インターネットポータル/検索エンジンの分野のトップはYahoo!で、満足度指数が 2006年の76から79ポイントに改善した。一方、2002年以来5年連続で首位をキープしていたGoogleは2位。満足度指数は、前年よりも3ポイント低い78ポイントだった。

ITmedianewsより

こちらがその一覧表

e0109028_02593.jpg


Yahoo!は毎年満足度が昇降している。
今年はその上昇の年。

一方Googleは変動が少なかったものの今年は下がった。

この資料はあくまでも米顧客満足度指数なので日本国内におけるそれとは
異なる結果になることは想像できる。。

  ◇  ◇  ◇  ◇

へぇ~。と単純にそう思ったんですが。
調べているとこんな情報も

  ◇  ◇  ◇  ◇

JupiterResearchが発表したもの。
インターネットユーザー3500人にお気に入りのオンラインブランドを聞いた結果
人気ランキングは次の通り。
1.Google
2.Yahoo
3.Amazon
4.eBay
5.MySpace
6.Microsoft (including MSN)
7.AOL
8.Apple
9.Others
※回答者の36%はGoogle
        32%はYahoo

満足度とは違う指標ですが。
こちらはお気に入りのブランド。

と言う事です。

満足度は期待度にも比例して数値が変わってくると思うのだけど
好きなブランドはまぁそんなに変わらないか。

僕は・・・。今のところGoogleが好きですが。

因みに

◇「男性はGoogleが好きだが,女性はYahooが好き」
◇「理屈っぽい先進ユーザーはGoogleが好き,素直な?一般ユーザーはYahooが好き」

と言う説もある(笑

男で、更に理屈っぽいので、僕にとっては当然の結果とも言えるのかも。

とは言え、どれだけGoogleが好きであっても
PCを繋いでいる時間、一瞬たりともYahoo!を踏まない人は居ないんじゃないかな。。。
特に日本人は。。

日本人にとって、Yahoo!はまだまだ大切な存在でしょう。。

ブログランキング・にほんブログ村へ今回のブログを楽しめた方1クリックお願いします♪
==================
個人日記やプライベート等
【独り言fromS】
広告やコラム・モバイル等の情報
【人のために、そして自分の為に】
==================
[PR]
by sameal | 2007-08-17 00:01 | Culture
信頼と期待とチャンス
最近ずっと思っていました。

信頼はどうしたら勝ち得るのでしょうか?
大好きなHONDAの創始者本田宗一郎氏の言葉に次のような者があります。

「信用とは人に好かれること、約束を守ること、人を儲けさせること」


今僕は広告代理店にいます、クライアントに様々提案をしてゆく会社にいるわけですが
どうしても、どうやっても忘れてしまいがちなのが
“クライアントの喜びを作ること”

当たり前のことなのに

売り上げを立てなくちゃいけない
数字が評価に結びついてくる


色々な日々目の当たりにする数字に追い回されてしまうと
そんな当たり前のことが目に見えなくなってしまう。

チャンスはそこいらじゅうに転がっています。

でも、その瞬間その瞬間で

遠くもあり、近くもあり
一度逃がしてしまうと次に手にするのに物凄く時間がかかったり
果ては、もう二度と手に入らない事もあります。

そして広告においてそのチャンスを誰よりも敏感に感じていなくてはならないのが
広告会社だと思います。
==========
今チャンスが来ている!
==========
まずはこれに気が付く事

次に
気が付いたチャンスをきちんと生かすこと
生かそうとすること。

  ◆  ◆  ◆  ◆

様々な企業において“今”がチャンスだと思ったら
直ぐに行動に移さなくては

冒頭で述べた『人に信頼されるには』に対しての本田宗一郎氏の言葉
「信用とは人に好かれること、約束を守ること、人を儲けさせること」

これには凄く重要なヒントが隠されていると思います。

この3つを広告会社として成立させるのであれば

常にクライアントを儲けさせることを約束し、その約束を守ること
つまり、チャンスをいち早く嗅ぎ分け、きちんと伝える事
それが出来る人がビジネスにおいて好かれる事
間違えていけないのは、好かれるというのは、“友達のように”と言う事ではないと言う事

繰り返しになるのですが
常にクライアントを儲けさせることを約束し、その約束を守ること
つまり、チャンスをいち早く嗅ぎ分け、きちんと伝える事
それが出来る人がビジネスにおいて好かれる事
これが出来て初めて信用される

今も様々なチャンスが転がっています。
僕も含め、チャンスを逃してはいけない。

それはクライアントに会社にたいしてした儲けさせるという約束を破る事になるから。

とても尊敬する大先輩の言葉にもありました。

やれないの?やってないの?どっちかな?


今日出来る事を明日に回してしまう事がチャンスを無駄にする事も多々ある
と言う事を常に心に刻んでいかなければ

相手(クライアント)の成功も自分自身の成功も決して無い
と思うんです。

2エントリ続いて情報発信ではなくて
申し訳ないです。

自分への喝も含めてのエントリです。

ブログランキング・にほんブログ村へ今回のブログを楽しめた方1クリックお願いします♪
==================
個人日記やプライベート等
【独り言fromS】
広告やコラム・モバイル等の情報
【人のために、そして自分の為に】
==================
[PR]
by sameal | 2007-08-07 01:38 | Column
システムの使い方:最近考えていた事
最近、少しブログの更新が滞っていました。

なぜかと言うと、悩んでいたんです(笑

何に悩んでいたのかと言うと

Googleにはかの有名な
◆検索連動型広告
ユーザーの検索した結果に、検索ワードに即した広告がでるもの
※周知ですね
◆サイトターゲティング
あるワードや、カテゴリの中から自分で任意のサイトを選び
該当サイトにあるAdSence枠に広告を配信
※細かい規定や露出方法はありますが割愛
◆コンテンツターゲティング
キーワードと広告を設定する事で
膨大にあるサイトの中の更にコンテンツに含まれるキーワードから
にマッチしている広告が露出されていく

この3つの手法

特サイトターゲティングとコンテンツターゲティングについて
どう使い分けるべきなのか
⇒同使い分ける事でクライアントの情報を情報を求めるユーザーに
 効率良くマッチングさせられるか
そもそも、使い分ける意味というか
使い分ける意義というかそれを自分の中で確立したくて考えておりました。

そして、色々考えた結果。

サイトターゲティングという手法とコンテンツターゲティングという手法は
最大限広告としての効果を発揮する為には
両方をそれぞれの目的に際して併用する必要があるという結論に至りました。

今度Googleの方にお会いする機会があれば
素直に考えをぶつけてみようと思います。

クライアントの為そしてユーザーのため、そして自分の為に

ブログランキング・にほんブログ村へ今回のブログを楽しめた方1クリックお願いします♪
==================
個人日記やプライベート等
【独り言fromS】
広告やコラム・モバイル等の情報
【人のために、そして自分の為に】
==================
[PR]
by sameal | 2007-08-06 23:59 | Column
auからの検索 月間2億超
僕も実はauユーザーです。

話題のナンバーポータビリティーで
というわけではなくて、

高校3年生の時に当時IDOの携帯電話を購入。
※ちなみにその前はDDI?のPHSを使ってました(笑

それ以来もう10年番号も携帯アドレスも変わってません。

そんな根っからのauユーザーの僕も何かしら知りたいことがあると
直ぐに携帯で検索をします。

例えば最近検索した言葉は
【夏祭り 都内】
【交通事故 過失割合】
【バイク 制動距離】
【時価額】
【高島平警察署】
【交通事故 弁護士 相談】
【行政書士】
先日事故にあってしまったので
相手の保険屋サンとの交渉に備えて
予備知識と対策を・・・。

まぁこうやって検索をしている人が沢山いて、なんと月に2億回を越えるほどの検索
が行われているんですね。

でも、まだまだ検索結果には満足していなくて
検索結果に広告が出ていないことも多々あったりするんですね。

PCでは検索するとほぼ広告が出るのに対して・・・。

一昔前だと、広告ってなんだか悪いイメージがあったりしたんだけど
今は、「広告にお金を出してまでサービスを提供したい」という企業なので
まずは検索結果に出ている広告をクリックしたりするんですけどね~。

それにしても2億回超のコンタクトポイントを見過ごすのは


広告関係者として、非常に勿体無いと思う今日この頃であったりするんです。
機能紹介した

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0707/30/news041.html

この記事内でも

KDDIの高橋氏が
KDDIとGoogleは2007年7月に、最初の提携サービスとして、Googleの検索技術を使ったケータイ検索を展開している。この検索サービスは、導入後に検索数が2倍に増え、月間検索数が2億超に到達。検索連動型広告の売上もバナーなどの従来型広告と同レベルの規模に成長するなど、大きな成果を上げた。「他キャリアにさきがけて導入したケータイ検索はネットビジネスの流れを大きく変え、ドコモもソフトバンクモバイルも相次いで追従した。またこの1年でユーザー側も、“何かあったら携帯検索を使う”のが当たり前になった」

と言っているように
今や検索に対する広告費が通常の順広告と同じレベルに達しているんですね。
単価の安い検索広告がそれだけの広がりを見せていることから
相当、形態における検索広告の有用性も認知されてきたという事なのでしょうね。

ブログランキング・にほんブログ村へ今回のブログを楽しめた方1クリックお願いします♪
==================
個人日記やプライベート等
【独り言fromS】
広告やコラム・モバイル等の情報
【人のために、そして自分の為に】
==================
[PR]
by sameal | 2007-08-02 02:54 | mobile



『誰かの為に・・・』 幸せの共有を探し続ける日々の日記です。広告を通して人と人が繋がってゆく、そんな素敵を作ってゆきたいです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ブルー レーベル 新作 ..
from ブルー レーベル 新作 が激安
Pカップアイドル風子のデ..
from Pカップアイドル風子のデリヘ..
吉岡美穂 感動の出産ビデ..
from 吉岡美穂 感動の出産ビデオ映像
橘裕子 レースクイーン水..
from 橘裕子 レースクイーン水着撮影会
大矢真夕 RQ グラビア..
from 大矢真夕 RQ グラビア ヌ..
石田裕子 トリンプガール..
from 石田裕子 トリンプガール レ..
赤坂晃&大地真央の密会動画
from 赤坂晃&大地真央の密会動画
柴崎コウ 動画
from 柴崎コウ パンチラ動画
娘とパパの近親相姦ファイ..
from 娘とパパの近親相姦ファイルが流出
花田美恵子 不倫現場
from 花田美恵子 不倫現場
タグ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧